さとりなあ

カメレオンみたいだなって、よく思う。

さとりなあ文庫

…ってなに?って思うよね。

 

いわゆる

 

毒吐きコメディ。

 

ふふふ、と笑った後に、知らず知らずの内にその毒に侵されるような、そんな物語が書きたくて、日々模索中。

 

 

最近はおとな〜な感じの物語ばかりですね。大人な恋愛に憧れますが、果たして大人の恋愛とはなんでしょう。

 

 

そーんな感じで(どんなだ)、奇想天外な物語を書きます。でもそんなこと言いつつ案外真面目な物語も書きます。ポリシー?気にしない。その時に書きたいものを書く。

 

 

カメレオンみたいだなあ。カメレオン文庫に改名しようかなあ。